保険やローンの事を勉強しよう

ブログやるならJUGEM
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 車両保険の免責条項 | main | 車両保険の等級確認 >>

車両保険とは

 車両保険は、ある程度の相場は存在するが、一般に「高い」というイメージはあろう。

「高い」とは、当然、車両保険の掛け金、費用のことであるが、私自身、加入した経験がない。

仕事で車を使うわけでもなく、年間走行距離にして2000キロ程度、更に軽自動車ということで、車両保険に加入するメリットが、あまり無いのである。

反対に、高級車やプレミアが付くような稀少車、一生を共にしたい大切な車であれば、車両保険に加入しておいた方が良いだろう。

日頃の「足」として、乗りつぶすつもりの車に車両保険を掛ける人は、まず、いないだろうし、お金を捨てるようなものである。

しかし、大切な車や高価な新車であれば、車両保険加入のメリットはあると言うことなのだ。

車両保険は、ボディの小傷から保証対象だろうから、新車をピカピカの状態にしておきたい方は、入っておくべきだろう。

車両保険は、一般に割高であることは先に述べたが、それでも需要がある所を見ると、いかに車を大切にしている方が多いかということだ。

車両保険にも、一般の自動車保険と同じように「等級」があって、それによって掛け金が変動する。

自分の自動車の等級、車両保険に加入した場合の、掛け金などの概算を知りたい場合は、ネットの、自動車保険関連のサイトを参考にしても良いだろう。

一般庶民には、車両保険費用を捻出するのは、簡単なことではない。

出来るだけ安くあげたい車両保険だから、保険会社の比較も重要になってくる。

また、同じ等級であっても、保険会社によって車両保険の内容が微妙に違うので、そのあたりも十分に調べておく必要がありそうだ。

「転ばぬ先の杖」ということわざは、車両保険に限らず、全ての保険に言えるだろう。
自動車保険 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
ランキング
人気ブログランキングへ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE