保険やローンの事を勉強しよう

ブログやるならJUGEM
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< ローン金利の比較 | main | 住宅ローン金利のランキング >>

ローン金利1%下げの影響

 ローン金利は住宅ローンを組む際に最も重要なポイントであると言っても過言ではないでしょう。

というのも、2500万円のマンションを購入するとしてローン金利はどのように総返済額に影響するのでしょうか。

ローン金利の金融機関同士の差というのはそれほど大きくないと感じる人は多いことでしょう。

しかし、そのローン金利の小さい差こそが総返済額の大きな差へとつながっていくのです。

ですから、これはしっかりと考えなければ住宅ローンによって不幸になってしまうのです。

ローン金利が低いというだけで住宅ローンの負担は一気に小さくなるということなのです。

では、最近良く見るローン金利の1%下げというのはどのように関係してくるのだろうと思われるかもしれません。

ローン金利の1%下げというのはそもそもどういうことなのだろうと疑問に思っている人は多いのではないでしょうか。

ここで、ローン金利の1%下げについて簡単に説明しておくと、金利が1%下げ下がるのです。

そのままではないかと怒った人のために少し詳しく説明することにしましょう。

このローン金利の1%下げというのは金融危機渦中にある私たちにとって何とも嬉しいニュースなのです。

これは来年住宅ローンを組む人は最初の10年間はローン金利を通常より1%下げますよという嬉しいお知らせなのです。

このローン金利1%下げというのがどれほどすごいことかというのは上で述べたことを考慮すると分かるでしょう。

そもそもローン金利の金融機関の間の差は少しですが、その差が総返済額に大きく影響するのです。

すると、今回のローン金利の1%下げで最初の10年間の総返済額が大きく変わることが分かるでしょう。
ローン | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
ランキング
人気ブログランキングへ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE